ブログ

ブログBlog

2022  愛知県公立入試Bグループ 数学 を解いてみました
2022年03月13日(日)

中盤の関数をいかに速く解けるかで明暗を分けたかなと思います。

今回も見たことがあるという問題を多かったものの、部分部分で考えさせられる問題がありましたね。

難易度でいうと例年並み、若干易化したようにも見えますが、、上位校志望の子も満点が取りにくいのもあり、

各得点層にギュッと人数が詰まるのかなという印象です。

どちらかと言えば得点するということよりもミスをしないということがより求められた試験となりました。

 

 

 

【来年度の受験生へ】

Aグループ同様、「要するに~」という考え方がより求められておりました。

学校、塾などで日頃からどう取り組むのかは本当に大切だと感じさせられました。

受検が1回となるため、メイン単元を押さえつつも、上記の思考問題をにもしっかりと取り組む必要があります。

特にヒストグラムなんかは、理解の方がより求められるため、 苦手な生徒は放置してしまう傾向にあります。

なかなかペンが進まない生徒は、塾をうまく使ってください。

受験期には授業でも積極的に取り組んでいきたいと考えております。

ただ、思考問題に入る前の、代表値である、最頻値、中央値、平均値の基本的な求め方はもちろんしっかり

土台を築いたうえで臨んでほしいなと思います。



CONTACT tel.0563-65-5761 受付時間:14:00~22:00【メールお問い合わせ】

PAGE TOP
Copyright © 2015 高校受験,大学受験、塾・学習塾なら西尾市の成学館, All Rights Reserved.