ブログ

ブログBlog

2020  愛知県公立入試Aグループ 理科 を解いてみました
2020年03月06日(金)

【解いてみた感想】

全体的に解きやすかったのかなと思います。

気になったので、他の人のレビューを見てみても、同じような感想。

酸化・還元の問題で、赤い物質の質量を求める際に、引き算だけで答えを書いてしまったり、台風の進路の問題で、

引っかかりやすい言い回しに引っかからなかったかですね。

記述という記述もなく、使われている化学式も易しかったため、安心した受験生も多かったかもです。

その分、内面理解に少し重きを置いた感じでしょうか。

 

理科に関しては、Bグループでは対策を打つ塾が多いと思うので、しっかりチェックです!!

 

【来年度の受験生へ】

対照実験、考察の問題は、理科ならではのいや~な感じでした。

菌糸の問題が出るなど(中3で習います)、この出題が定番化されると日頃の勉強をより深くする必要があるなと感じました。

「中1理科でやっておくこと」にも記載の通り、比例を上手く使って切り抜けられる問題が何問かありました。

関数は、数学に限らず理科でも使われますので、苦手な人はやっておくと良いです。



CONTACT tel.0563-65-5761 受付時間:14:00~22:00【メールお問い合わせ】

PAGE TOP
Copyright © 2015 高校受験,大学受験、塾・学習塾なら西尾市の成学館, All Rights Reserved.